グラフィックツール:Forexの学習を次のレベルに簡単にする[ビデオ]


Forex Testerは多くのチャートツールを揃えていま

  • ポインタ(矢印ポインタ、十字ポインタ)
  • ライン(垂直線、水平線、トレンドライン、レイ、ポリーライン)
  • 図形(長方形、円、三角形)
  • サイン(親指のアップとダウン、上矢印、下矢印、ストップサイン、チェックサイン、左右のプライスラベル)
  • フィボナッチツール(フィボナッチリトレースメント、フィボナッチタイムゾーン、フィボナッチファン、フィボナッチアーク、フィボナッチエクステンション)
  • チャネル(フィボチャネル、線形回帰チャネル)
  • アンドリューのピッチフォーク
  • テキストラベル
  • ウェーブシンボル

"挿入"メニューのリストにすべて入っています。



また、ツールバーにも各描画ツールのボタンが配置されています。



アイコンがあります。

- このアイコンは "十字線"モードを有効にします。 十字線は、チャート上の位置を指定および測定するために使用する移動可能な線です。

十字カーソルモードでマウスの左ボタンを押したままいずれかのエリアにドラッグすると、次の情報が得られます。

  1. 十字線の始点と終点との間のローソク足の数。
  2. ピップスとパーセンテージの価格の変化。
  3. 十字線の始点と終点の間隔(日/時/分)。


- このアイコンでマグネットモードのオンとオフを切り替えます。マグネットモードがオンだと、マウスのポインターがチャートのロウソク足の始値/高値/安値/終値に張り付きます。 マグネットの敏感度はチャートオプションで設定できます。(チャート上で右クリックして、"チャート設定"をクリック)

- このボタンをクリックすると、すべてのチャートで十字線を同期できます。 このモードが有効になっていると、すべてのチャート上に十字型マウスポインタが表示され、すべての時間枠の違いに応じて表示されます。グローバル十字線カーソルを有効/無効にするには、ツールバーのボタンをクリックします。 それから十字線カーソルを通常通りに使用してください。



ラインを引くのはとても簡単です。引きたいラインボタンをクリックし、開始ボイントで左クリックをし、マウスを移動させ、次のポイントで左クリックをしてください。(垂直線、水平線を引く場合は、左クリック1回だけです) 描画をやめたいときは、右クリックをしてください。描画作業を停止します。 ポリーラインやアンドリューのピッチフォークのように2点以上をクリックしなくてはならない場合もあります。



各ツールには独自のプロパティがあります。 編集したいときは、描画した図形上で右クリックをして"編集"を選んでください。 ツールの複製もできますし、削除も行えます。



ツールを選択したいときは、ダブルクリックをしてください。 図形上に白い丸がでますので、そこをクリックしながら変形させたり、移動させたりします。 この状態キーボードのDeleteボタンを押せば、選択されているすべての図形が削除されます。 選択をやめたいときは、再度、図形上でダブルクリックをしてください。

描画ツールを使うときに便利なホットキーを紹介します。

Ctrl + G - チャート上のすべての描画を選択する

Ctrl + D - チャート上のすべての描画を非選択状態にする

Ctrl + Del - 最後に追加された図形を削除する

Ctrl + A - すべての図形をチャートから削除する

Delete - 選択した図形を削除する

ホットキーは、ツール --> オプションメニューから変更できます。

編集メニューからショートカットが確認できます。 このメニューから、描画のリストを開けます。リストには、今使っているチャートに入れた図形が表示され、変更や削除ができます。



描画リストダイアログは下記です。



1つの通貨ペアのすべてのチャートと時間枠でグラフィカルツールを同期させるには、[ペイント]ツールバーのボタン を使用します。

このモードが有効になっていると、チャートの1つに作成されたすべての新しいグラフィカルオブジェクトは、同じ通貨ペアのすべてのチャートに表示されます。

たとえば、1つのチャートにトレンドラインを追加すると、それがすべてのチャートに表示されます。

同様に、(同じ通貨ペアの)異なるチャート上に作成されたグラフィカルツールは同期されています。 それを削除すると、関連する他のツールも残りのチャートから削除されます。