Forex Testerトレーディングシミュレーターでの素早く、簡単な注文方法[ステップバイステップガイド]


テスト開始後、注文を入れられるようになります。2つの注文タイプがあります。成行注文(現在のマーケットプライスですぐに売買する)と指値/逆指値注文(プライスを指定し、そのプライスにチャートがタッチしたら執行される注文) 注文を入れたり、修正、削除はこのツールバーで行います。


1. 新規成行注文を入れる - 成行注文ダイアログを開きます。(キーボードのF2ボタンでも開きます。)

2. 指値/逆指値注文を入れる - 指値/逆指値注文ダイアログを開きます。(またはF3キー)

3. 注文の修正(F4キー) - "オープンポジション"タブ、もしくは、"指値注文"タブから、注文を選択してください。 注文が入っているポジションの利確と損切を設定できます。 指値/逆指値注文の場合、エントリープライス、利確、損切を設定できます。 また、注文を決済するときにも、このウィンドウから行えます。

4. 選択したポジションの決済 - ポジションを決済します。(F5キー) 最初に、"オープンポジション"タブから注文を選択してください。

5. ポジションの一部を決済 - ポジションの一部のロット数だけ決済します。(Ctrl+F5キー). 最初に、"オープンポジション"タブから注文を選択してください。

6. 全てのポジションと注文を決済(Ctrl+C) - "オープンポジション"タブ、もしくは、"指値注文"タブにある、エントリーしている全てのポジションを決済し、指値/逆指値注文を削除します。

7. 指値/逆指値注文を削除 - 指値/逆指値注文を削除します。 最初に、"指値注文"タブから注文を選択してください。

下記のボタンは、メニューバーの注文にもあります。


成行注文ダイアログ. このダイアログから新規に成行注文を入れられます。スポイトボタンを使って、チャートから直接プライスを設定します。 また、損切、利確のプライスを直接入力したり、右側のピップス数値を使って損切、利確を自動計算していれることもできます。 "sell"、"buy"ボタンは、自動計算するときの計算モードの選択になります。売りか、買いか。 「リスク」と「ロット」のラジオボタンを使用して、手動またはリスク管理に基づくロットの計算方法を選択できます。リスクベースのロット計算を選択した場合は、ストップロス値を入力する必要があります。 トレイルストップのタブでは、この注文でトレイルストップを入れるときのパラメーターを設定できます。


新規指値/逆指値注文ダイアログ. このダイアログでは新しい指値/逆指値注文を入れることができます。 スポイトボタンを使ってチャートからプライスを選択します。 また、損切、利確のプライスを直接入力したり、右側のピップス数値を使って損切、利確を自動計算していれることもできます。(この設定により、注文内容が変わる場合があります。) トレイルストップのタブでは、この注文でトレイルストップを入れるときのパラメーターを設定できます。


チャート上で右クリックをして、ポップアップメニューから注文を入れることもできます。


このメニューでは、マウスの右ボタンでクリックした地点の価格をチャート上で表示できます。 するとこのように、メニューに価格が表示されます。(107.05508)。この例では、3つの選択肢があります - 事前に定義されたストップロスで107.05508で売り、その後、この価格で買いストップ注文を出すか、この価格で売り指値注文を出すことができます。

他に2つの注文オプションがあります - 事前に設定したパラメーターで売り、買い注文 ホットキー(Ctrl+B and Ctrl+S)を使えば、事前に設定したパラメーター(損切、利確、トレイルストップ、ロットなど)で簡単に注文を行えます。 パラメーターは、ツール → オプション → 注文の初期設定 から追加できます。


もし1つの注文しかリストにない場合は、Ctrl+B/Ctrl+S を押し、注文をすぐにセットできます。もしくは、どの注文を入れるのか、聞かれることでしょう。



ノート: ホットキーの変更は、ツール --> オプションメニュー、ホットキータブから行ってください。