ここでは無料のデモ版と有料版のForex Testerの違いを見ることができます

特典 デモ版(無料) フルバージョン(有料)
バックテストのためのデータ量 1か月以上の履歴データはありません 無制限。 18年間の無料データサービスでストラテジーをテストしたり、外部ソースから任意のシンボルのデータをインポートすることができます
バックテストの時間 1時間以内のテスト継続 無制限。 あなたのストラテジーをテストし、プロジェクトを保存し、必要なときにテストを再開します - 生涯ライセンス
プロジェクトを保存する 任意の数のプロジェクトを保存して開く
その他の機能
サポート
ボーナス
  • スタート用に、10個の簡単なマニュアルストラテジーを用意
  • バックテストを最大限に活用するための11段階の計画
  • リスク計算+資金管理テーブル
  • 「ブローカーを選択する方法」ガイド

取引の典型的な間違いを避けるには?

トレーダーはしばしば以下のエラーを出します。彼らは、特定の取引システムのルールに従って、統計的に重要でない数の注文をします。次に、これらの20〜100件の取引に基づいて、システム全体について全体として結論づけます。

ほとんどのトレードが利益となっていれば、すぐにライブストラテジーでこのストラテジーを適用することになります。

全体の取引結果が損失で終わった場合、ストラテジーを破棄して別の方法の模索を続行します。

十分なデータ範囲の重要性

50回の取引のサンプルだけでは、文字通りストラテジーについて何も言うことができません。ストラテジーのパフォーマンスとして統計的に自信のある結果を得るには、最初の結論を出すために少なくとも数百回のトランザクションでシステムをテストする必要があります。より深い結論のためには、総注文数は少なくとも1,000回に達するべきです。

バックテストプロセスにおける確率論

コイントスを5回行うと、裏が5回連続して出現する可能性は非常に高いです。これは、コイントスの 100%すべてのケースで裏が表示されるという事になるでしょうか?もちろん、違います。

コイントスを十分な回数行う

コインを少なくとも100回投げると、裏が約50回現れる傾向があることがわかります。それはこの値から逸脱してもよく、例えば、45回、あるいは55回でも全体の半分に裏が現れる傾向は確かに起こるでしょう。

硬貨を1000回コイントスし、"500"という値からの偏差誤差は、約1〜2%と非常に低くなります(たとえば、全体1,000から490~520のフリッピングケース)。

バックテスト結果を把握する生涯ライセンス

バックテストでもこのアプローチに固執することを強くお勧めします。 Forex Testerのライセンスで、あなたのトレーディングシステムを生涯テストすることが可能です。

あなたが過去のヒストリカルデータを利用したテストであなたの取引システムが説得力のある収益性の高い結果が出ていないのであれば、実際のお金をライブ口座へ入金する理由はありません。

反対に、Forex Testerでの仮想口座に関する徹底的な分析を行うことで、後にライブ口座で取引する場合に成功できる可能性が最も高くなるはずです。

本物のお金で取引している間、損失取引の範囲(私たち全員が経験する)に遭遇した場合、何年ものバックテストデータとForex Tester内の何千もの有益な取引の統計は、あなたに勇気を与えるでしょう。Forex Tester無くして、あなたの取引方法に自信を持つ方法は無いでしょう。