暗号通貨を最小リスクでトレードするには?

暗号通貨とは? 暗号通貨とは、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)というデーター保護メソッドを用いた、会計、資産累積、投資、資産可視化などに用いることのできる、「お金」と同じように機能する仮想資産のことです。

当社に関しては当社についてをご参照ください。読者の皆さまはすでに暗号通貨トレードに関する基礎知識があり、暗号通貨で金融取引をするスタートラインに立っている方々だ、という前提で話を進めましょう。

暗号通貨に関しては、信じられないほどの速度で付加価値のある技術的、そしてファンダメンタルな情報が拡散しています。ここでは、暗号通貨市場への参入を困難にしているいくつかの重要な問題点について、あえて解決策を具体的には示さず、「課題は何か」を示したいと思います。

では、いちばん常識破りなテーマからもっとも重要な問題のポイントにたどり着けるよう、話を進めましょう。

リスク

市場時価を決定づけるメカニズムは複雑な暗号通貨ですが、大きく分けて3つの共通したリスクがあります。

  • システム運営側「法人」によるリスク ー 暗号通貨の為替交換市場の方法論について、特に法的な規制がありません。ほとんどの国では、暗号化の法的位置付けが争点となっています。特に仮想通貨の国家への帰属問題は、不毛な論争となっています。(暗号通貨の採掘(マイニング)と所有には、公的な制限がありません。支払い通貨として使えない国、自国通貨への時価交換に制限がある国から完全に「お金」としての使用が禁止されている国まであります。)これらの法的論争についてのより具体的な情報は、ひきつづき更新していきます。一般情報はこちらからどうぞ。これまでのところ金融関連の諸法令は、仮想通貨への直接関与を控える指針で法整備されてきており、ブロックチェーンに基づいた金融サービスにも仮想通貨と同じ金融法の原則が適用されています。
  • 制御不可能で、不意に急高下落しやすいダイナミックな動きビットコインやイーサリアム(Ethereum)は、国、個人資産、さまざまなカタチの銀行資産、市場の要求に応じて流動資産化できる影響力を持つ他のあらゆる金融構造とは違い、その価値(価格ではない!)を担保するモノがありません。結果として?もしもユーザーが登録するブロックチェーンのリンクが失われ、その資産信用を喪失した場合には、仮想資産には全価値損失が起こる可能性があります。
  • 仮想資産の崩壊は、開発者らの動向、ソフトウェアの変更、システムの技術的問題、詐欺、ハッキングによる攻撃、市場に新たなアルト暗号通貨が現れた時など、市場原理と連動しない原因で起こることもあります。このような現象を予測することは、仮想通貨以外のトレードになれた人にとっては予測不可能であり、常に多面的に市場の状況を時系列で観察し、知識と集中力を保つことが求められます。
ビットコイン市場操作

ビットコイン:価値変動の一例

投資なのか、予測なのか?

まず「なぜ暗号通貨を定義せねばならないのか?」。

「買って、所有する」消極的な戦略 ー 暗号通貨のトークンは「買って、資産価値を高める」ためにあります。時に株式市場で「塩漬け」になるのと同様の時期があるにせよ、他の仮想通貨や交換レートが有利なフィアット通貨(法定通貨・不換通貨・紙幣)資産と交換するためにあります。短期投資のアイディアー1週間〜数ヶ月ぐらいの投資です。新規公開株(IPO)、採掘(マイニング)前のステージ、市場参入前の新規開発トークンに対し、中期〜少なくとも1年の投資をすることを指します。

important 警告:ほとんどの暗号通貨為替市場は、法的に保証のない小規模オフショア会社が運営しているか、個別のアカウントで運営されています。そのため、長期株式口座に高額の資産があるお客さまのお金は、ハッカーや詐欺師の格好のターゲットになる恐れがあります。

important もしもお客さまがこのような投資で「塩漬け」になるのを望まないなら、お客さまが自らの手で「動かす」こともできます。

BTC仮想通貨トレードアセット

ビットコイン:主なマーケット資産の図式

どのようなトークンであれ、スポット資産であれば、直接の暗号株式市場でも、暗号為替市場の変動でも実利的な予測は可能です。通常のマージン(手数料)での取り引き「安く買って、高く売る。」しかしながら、市場での閾値(しきね、追証が発生するまでの価値幅)に突入しがちな現在の市場では、小口投資家には追証負担できない可能性もあるため、ブローカーがあらかじめ用意した暗号通貨CFDで取引します。レバレッジ幅: 1:3 〜1:100

ブローカーらは通常、伝統的なフィアット通貨(USD、EUR、GBP、CHF) の口座開設を勧めます。しかし、資産の引き出し・補充はビットコイン、ライトコイン、イーサリアム(Ethereum)、リップルなどの仮想ウォレットを利用できるようになっています。注意していただきたいのは、暗号通貨(特にエキゾチック系)の交換レートはきわめて不利だということです。

では、もう少し詳しく…

トレード資産の正しい選択

2019年1月4日現在、1951種類の暗号通貨があることがシステム情報で知られています。(2500種類以上あるという見方もあります。)ほとんどの暗号通貨は、全く価値のない「草コイン(シット・コイン)」で、取り引きのうま味はまったくないレベルです。しかし「数円単位」の、投資というより取引では、そのような資産戦略を採用する特別な集団が存在します。この話題に、あまり深入りするのはやめておきましょう。

あなたが暗号通貨に何を求めるにせよ、積極的な選択をするなら以下の要点を押さえましょう。

  • 暗号通貨の利用目的をしぼる
  • 金融指標:資産化、流動化、トレードの損得勘定の目論見をたてる
  • 仮想通貨の価値、採掘(マイニング)の可能性、市場での仮想通貨流通量
  • 開発者の資質、活動力とそのプロジェクトのプログラム開発力

過去五年間にわたり、世界の暗号市場をリードする資産家らは75%の次の暗号資産を保持し続けています。

  • イーサリアム(Ethereum);
  • ビットコイン(BTC);
  • リップル(XRP);
  • ライト・コイン(LTC);
  • ビットコイン・キャッシュ(BCHABC または BCHSV)。

これらの資産は取引市場においてもっとも活発に取引され、信頼がおけるとされています。

でも!取引市場の観点から見れば、「歴史ある」仮想通貨には決定的な短所があります:スピードの違いはあれ、すべてのトレードは「ビットコインに通じる」からです。もしもビットコイン(BTC)が崩壊したらーライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)は何の保証もなく、プロトコル(金融電子データー)も技術革新も手助けにはならないでしょう。だからこそ、私たちは「若い」仮想通貨に関心をもつことをお勧めしています。2019年1月5日現在だと、たとえばより堅実で、独立採算予測が建てられる次の5つの「アルト・コイン(altcoin)」が挙げられます。

  • ダッシュ(DASH);
  • モネロ(XMR);
  • EOS;
  • ステラ(XLM);
  • トロン(TRON)。

現実問題、新種の暗号通貨の購入には、既存のトレードとは違うリスクがあることをしめしています。特に新しい暗号通貨は経験値の浅い投資家にはただただ危険なだけで、効率的ではありません。覚えていてください:過去二年間のすべての新規ICOプロジェクトの80%は失敗に終わったことが既に証明されています。そこで、わたしたちは資産価値をランクアップさせ、着実な成果をあげた通貨に対してのみ投資をしてきました。

仮想通貨活動の推定評価

暗号通貨:市場資本化

暗号通貨をトレードする前に、 当社の Forex Tester ソフトウェア でトレード戦略を試してみることを推奨いたしますー異なるトレード環境での、あらゆる資産へのリアルな売買の気配値

ファンダメンタル分析

金融規制機関での決定事項が、暗号通貨に直接の影響を及ぼすことはないのかも知れません。しかし、あなたが選んだ暗号資産について、手に入るかぎりのあらゆる情報について学ぶことは必要です。→こちらが当社推奨のサイト www.Coinmarketcap.com https://www.cryptocompare.com — すべての購入可能なトークンのトレード/為替交換についての、実用的で完ぺきな情報は、こちらに集約されています。

ブローカーの選択方法と暗号通貨の動向ニュース

暗号価値:その背景にある情報の一例

テクニカル分析

important暗号資産分析のもっとも重要なファクターは、資産価値の予測にあります。たとえ無料の情報源からでも良いのですが、定期的に実際のデーターを確認せねばなりません。

Forexの見解では、暗号通貨を流動化するには市場で最もひんぱんに取引されているトークン(ビットコイン、ライトコイン、リップル、イーサリアム)と通常の貨幣(USD、EUR、CNH)が、いちばん堅実な組み合わせです。それらは伝統的な手法で組織化され、高度に技術的な手法でフィアット資産(法定通貨・不換通貨・紙幣)と通貨連動しているからです。(インジケーターを使ってみる を参照)

暗号通貨のテクニカル手法から分析

ビットコイン:テクニカル分析の一例

暗号資産でのFXボラティリティは、株式市場や外為市場に比べて数百倍も高いため、暗号通貨のテクニカル分析は合理的に考えると「信用ならない」と考えられる原因となっています。暗号通貨の高低ギャップはよりひんぱんに、より短時間のあいだに起き、しばしば乱高下が見られます。なるべく早期に、暗号通貨取引所による取引の一時強制停止や取引量制限権の行使、高すぎるスプレッド、その他トレード契約上の諸問題について意見交換すべきなのでしょう。しかしながら、歴史ある取引市場は相対的にゆるやかな値動きに対処するようにできています。(グラフィック・ツールを使う を参照)

少なくともビットコインについて言うなら、暗号通貨トレードで特に万能な戦略はありません。上げ↑・下げ↓への通常のテクニカル分析では、損小を心がけて損切り幅を最小化し、交換率の割高感とスプレッドへの魅力はひとまず頭においておきましょう。暗号通貨でのティック・ボリュームの損失は耐えがたいものであり、それだけ利幅も想定外になるのは、分散型システムの暗号通貨市場が、Forexの外為市場のどの通貨よりも強いからにほかなりません。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は数十倍もの、目にも止まらないあいだに価値変動するため、短時間の分析で取り引きすることにこそ、価値が見出せるのです。

そこから導き出せる許容範囲は:

  • テクニカル・スキャルピングはM15より低くすることなく、ボリュームにリンクしないこと
  • インジケーター、グラフィックとVSAストラテジー、トレンドの活用は突破口
  • 安定した状態での裁量取引を推奨(「空間的spatial」 そして「静的static」)
  • 乱高下(pump :何らかの要因で大規模な取引が発生することで、市場参入者が翻弄されること)と大暴落(damp:主要な参加者が何らかの事情で仮想通貨価値を「下落させ」たことが引き金になる一連の暴落現象)
  • 最新のトレード関連情報を総チェック

便利なオンライン情報ソース

暗号通貨のそれぞれのアイテム同士の価値交換相場をつねに追跡する必要があります。→ こちら Top 100 Cryptocurrency Exchanges by Trade Volume. 裁量取引のための為替交換レートを確認するには: Binance; CEX.IO; EXMO; Bittrex; Bitfinex; Kraken; Poloniex; Huobi; ItBit; GDAX; HitBTC; Cryptopia; BTC Trade;OKcoin; YoBit; Coinbase Pro; OKEx.

交換レートを比較できるサービス: Bitinfocharts, Bitcoinity, Coinmarketcap; Bittrex/Yobit Exchange Tool, Apitrade.pro, Cryptowat.

重要事項

important

デポジットを入金し、デポジットにある通貨以外の通貨で出金する場合、ブローカーは目が飛び出るような交換レートを提示し、結果としてお客さまに高額な費用負担が発生することがあります。

取引完了速度に、つねに注意を払いましょう。どの仮想通貨の、どのボラティリティーであれ、この重要事項を守らないとデポジットに致命的な事態が起こるでしょう。

そして、遠からずしてすべてのトークンの確実な存在意義と、収益性の展望の明暗を見極められるでしょう。現状では、暗号通貨を「創り出す」ことだけでは十分ではありません。中には、誇大広告で甘い汁を吸い、いつ消えてしまうかも分からない暗号通貨もあります。これが意味することは、ある個人が完全に自分が「暗号通貨を創設する」というのでない限り、ある程度の取引履歴のない「新しい暗号通貨」に真面目に投資はできない、ということです。

誇大広告に屈服しないでください:経験豊富なトレーダーでも、暗号通貨で月に稼げるのは100-150%ぐらいです。新規参入者は、初期の損失リスクがとても高い上に、15%の利益をあげられる人はごく稀なのです。そのため、暗号通貨の利益を定期的にトレードから引き出し、フィアット通貨(法定通貨・不換通貨・紙幣)や他の資産に交換することが必須なのです。

さあ、チャレンジしてみましょう

ご覧のように、あなたが良いバックテスト用ツールを持っていれば、取引ごとのバックテストはとてもカンタンです。

このテストは、プログラム特典のForex Testerのヒストリーデーターを用いておこなったものです。

important プログラムの特性をもっと良く知りたいなら、試用版の無料 Forex Tester をいますぐダウンロード

追加で20 年分の無料ヒストリー・データーをダウンロードできます。(本プログラムの中にダウンロードボタンがあります)